Iターン転職をする時の志望動機について

サイトマップ

考えていることをアピールできるかが重要

Iターン転職で大事なことはたくさんありますが、その中の一つに志望動機をどうするかがあります。面接の場では、その企業を志望する理由と共、Iターンを目指している動機についても語ることになります。

どちらの動機も、互いに影響を及ぼしていると効果的です。そのためにはまず、自分がなぜIターン転職に踏み切ったのかをはっきりとさせておくことが大切です。何となく田舎がいいと思った、緑豊かな環境に憧れているといったあいまいな言い方をしていては、自己アピールにはつながりません。

本気で地方の暮らしについて考えていないのではないか、現実を分析する能力が欠けているのではないかと思われたりもします。もっと積極的な理由を、明確にしておく必要があります。自分の適性を踏まえた上で、Iターンの転職を決断した理由を考えてみましょう。

今までの働き方ではどこに問題があり、Iターン転職をすることでその問題がどう解決されるのかを明示するようにしましょう。説得力を高めるために、具体的な話を出すことができるといいでしょう。事実に即し、積極的な姿勢で問題に取り組んだ話がいいでしょう。

前の仕事や職場、周りの環境の悪い点を並べるようなネガティブな内容は、できる限り避けた方が無難です。志望動機として効果的なのは、Iターン転職を成功させた後にできることは何かを話していくことでしょう。

Iターン先の地域について、どの点が素晴らしく、自分はどんな形で地域の将来に役立つことができるかを話すことは、志望動機として受け入れやすいものだと言われています。

都会から地方へ逃れてきたという印象を与えないように、ポジティブな理由によって、Iターンの転職をしたいと考えていることをアピールできるかどうかが重要になるのでは無いでしょうか。

「転職の基本 大切だけど、だれも教えてくれない15の求人ルール」について

転職をするために求人を探す場合には、まずどうすれば、転職が可能そうな求人を発見することができるのか?